Slow Life Slow Fish

サブ3.5ランナーのマラソン記録、古墳巡りの備忘が中心で、ドローンがたまに登場します

淡路釣り遠征2017~その1~

昨年、いつも一緒言っている友人のアキレス腱断裂により20数年続いていた連続淡路遠征が中断!!
一度途切れたものは繋ぎにくいものですが2年ぶりに遠征に行ってきました!
いやぁ再び淡路訪問できてよかった!よかった!
ちなみに自分の釣りはここ10年位は、ほぼ年一の淡路バス釣り遠征以外はなにもやってません。
ほかにやることが多くて釣りはお休み状態です。
ということで、この遠征は釣果を求めるというよりは、淡路の空気を吸うことが目的になっています(笑)。

今回は雨の心配もなく、かつそれほど暑くなる訳でもないようで心地よく釣りができそうです。
夜9時過ぎに金沢を出発してから、途中仮眠をとりながら淡路には3時には到着。

淡路大橋にあるSAで早い朝食と仮眠と釣りの準備

4時過ぎには明るくなって夜が明けてきます
釣りは、おかっぱり(岸からの釣り)とボートのどちらかですが初日の朝は、確実に実績を求めたいので復活した牛のクソ池へ。

2年ぶりのクソ池のコンディションはどうかな?
ボートの準備をしている間に2投目でバスがヒット!
30cm程度の幸先の良い1匹に気分を良くしていざ出発。
クソ池の右岸周りを攻めながら奥へ。
しかしバスのアタリがなく実績を脳裏に浮かべながらどんどんと進みます。
出発して30分ほど経過した、実績あるワンドであたりがあり30cm強のバスをゲット。
魚影が薄い感じです。
ただ程なくして同じエリアで、ボート同乗のO田君にヒット!
これがgoodサイズで46.5cm!
太っていて体高のある良いバスでした。
自分の方は、この後、良いサイズヒットさせながらも痛恨のバラシ。。。
クソ池の初日は2匹からのスタートとなりました。

こんな具合にボートを出したら約1~2時間攻め、その間におかっぱりで目ぼしい池をチェックしていきます。
不思議なもので、大物が釣れると大物が釣りたくなり、釣れない時間が長くなると数がほしくなります。
今年はというと、数があまり釣れずどうしても小バスの数釣りに向かう傾向がありました(苦笑)。
初日に回った池の数は、10個程度。
昼飯時間を除くと12時間釣りと移動を繰り返している感じです。

実は今回はアクシデントが。
自分の備忘ブログなので記録を。
最後の池は西淡の方(淡路島の南の方)でした、この池は今回の新規開拓池でボートを出して攻めていました。
ルアーはサスペンドミノーのエリアフィッシング用のフックが繊細なものをセット。
大型のバス狙いというよりは、小バス狙いチョイス。
ここで40cmUPと想定するバスを痛恨のバラシ。。。
しかしミノーのチョイスは悪くないと続けていると、ギルがヒット!
フックが鋭いのでギルでもフッキングするんですね。
ところがここでとんでもないアクシデントが発生したのです。

なんとミノーのフックを外そうとした際にギルが暴れて、3本フックの1つが自分の左人差し指に刺さったんです。

写真のギルは事件のギルとは別ギルです(もうちょっと大きなヤツでした)

さらに暴れることでフックが深く入ってまいました。
これには参りました。
フックにはカエシがあるので、深く刺さると抜けないんですね。
とにかく同乗のO田君にギルを外してもらって、その後はフックを抜こうとするもダメ!
仕方がないので整形外科か外科を探して処置してもらうしかないと判断しました。
ただここは淡路島。さらに夕方5時30分。
なかなか病院がなく、TELしても対応不可と断られてたりしながらもなんとか病院を見つけ向かいました。
本当はあとは帰路について風呂に入って宿でビールと肉という予定だったのが申し訳ない時間を使うことになりました。
行った先は、前田整形外科
TELした際に、状況を説明して対応可能か?と聞こうとした際にも、
「とにかく来てください!」
ということで具体的な説明不要で急いで来るように指示されました。
そして、すぐに受付して診察室へ向かい部分麻酔されて、指を切開する音だけが聞こえましたが3分ほどで処置完了。
受付→診察→処置→会計まで含めて30分で済みました。
先生は、念のために地元に戻って気になったらすぐに病院に行くように言ってくれました。
さすがにこの指で明日も釣りをするとは言えませんでした(苦笑)。

ともかく包帯が痛々しいながらも帰路につくことができました。
宿はかつての常宿のふぐ和から今は、いまるに変更。
これで完全に定着しました。
戻ってからは、淡路牛のステーキとビールで今日の振り返りと明日の予定確認。

f:id:wild-o-blue:20190317193921p:plain

何といっても今日一は、O田君の46.5ccm。
このバスが翌日のベンチマークとなりました。
そして自分のフック刺さった事件!
ちなみにフック刺さった事件が起こった池の名前は助けてもらった先生にちなみ、前田池と命名されました(笑)。

■民宿 いまる
・場所 兵庫県淡路市多賀2135-10
・TEL 0799-85-1020
・予算 一泊二日淡路牛ステーキコース 8,800円(税込)