Slow Life Slow Fish

サブ3.5ランナーのマラソン記録、古墳巡りの備忘が中心で、ドローンがたまに登場します

七輿山古墳(群馬県藤岡市)

七輿山古墳には2016年に一度訪れていました。この時は倉賀野からランニングで古墳巡りをしていたので滞在時間は極々わずかで桜の時期でもなかったので今回はゆっくりと愉しめました。

七輿山古墳は6世紀築造の前方後円墳で全長145mと全国的にも非常に大きな古墳です。実はこの古墳の調査が早稲田大学により地中レーダー探査で行われていて報告書がリリースされています。
https://sitereports.nabunken.go.jp/ja/86511

f:id:wild-o-blue:20210411105342j:plain

結果として全長は5m伸び150mとなり全国3位の規模となりました。ちなみに第1位は高槻市にある継体天皇の真陵と言われる今城塚古墳で190m、第2位は名古屋市の断夫山古墳で151m、ほぼ2位と同サイズとなります。
今回訪問前にfacebookの同好会の方より、前方部の中堤にある造り出し部分に七輿山古墳とは年代の異なる前方円墳があった可能性があり気づきがあれば教えてほしいという依頼を受けていました。ということで桜の撮影しつつ遺物の形跡などフィールド調査もしてきました。場所はこの部分。

f:id:wild-o-blue:20210411193819j:plain

ここに小さな前方後円墳があったんじゃないか?ということで年代の異なる土器片などが無いかという点を調べてきたんですが、砂が多くて墳墓を形成するような土質に見えました。葺石も整備の過程で適当に集められて造り出しとしても、もし古墳があったとしても保存状態は悪いかなぁと。
ただそんな中、円筒埴輪の一部と思われる土器片はありました。

f:id:wild-o-blue:20210411194559j:plain

凸部の形状から七輿山古墳にあったものと想定されます。
他にも葺石が崩れて落ちて来た形跡がそのまま残っていました。

f:id:wild-o-blue:20210411112758j:plain

整備されていると言っても、結構遺物が残ってますね。

f:id:wild-o-blue:20210411112828j:plain

撮影前に一回り古墳を見て、午前6時と同時に空撮を開始しました。朝方だとなかなか桜の色をキレイに撮ることが難しかったですが安全に終えることができました。

f:id:wild-o-blue:20210411195358j:plain

空撮動画はyoutubeにUPしました。

桜がそのまま古墳の形になっているなんて他には無いのではないでしょうか?
時間と共にたくさんの人が訪れ、愛されている古墳なんだなぁということ実感しました。

f:id:wild-o-blue:20210411200121j:plain

湯端温泉(群馬県高崎市)

桜の時節、久しぶりに古墳を見てきました。行先は群馬県。今回はドローンによる空撮許可を藤岡市さんと太田市さんにいただけていたので撮影行脚に出かけました。
今回一番の制約事項は、藤岡市中輿山古墳でした。花見の名所でもあることから空撮許可が得られたのは午前6時~8時の間。
ということで前日入りして翌朝に備えるという計画に。

ドローン撮影の場合、雨が降らないことにプラスして、風が強くないことが条件となります。国交省のマニュアルでは風速5m以上は飛ばせないことになっているので、桜の開花と天候と風と自分に都合とが合致して、かつ撮影許可が得られないといけないというなかなかに条件が難しいものでした。

今回は幸運にもすべての条件がクリアでき撮影旅行に出かけることができました。
前日の宿泊は、湯端温泉さんという素泊まり専用の宿。高崎市になるんですが藤岡市の観光には便利な場所だと思います。

f:id:wild-o-blue:20210405055851j:plain

宿へは幹線道路から山道へ入りくねくねしばらく運転すると到着します。回りには何もなく、買い出し必須の宿ですがリーズナブルでしっかり温泉で、さらに翌日の撮影対象である七輿山古墳から車で10分位と今回の旅にはベストな宿でした。

f:id:wild-o-blue:20210405055848j:plain

宿でやることは機材のチェックと充電。

f:id:wild-o-blue:20210405055855j:plain

今回一番役立ったのは左下のモバイルバッテリー。これ家内のものを借りて来たんですが、スマホの充電が頻繁に必要で本当に役立ちました。旅に必須なアイテムになりそうです。

夜は温泉入って、買い出ししたビールとツマミで一息。
まだちょっと寒いけどテラスがあって夜空を眺めることができました。

f:id:wild-o-blue:20210405055858j:plain

 明るくなって見える景色はこんな感じ。

f:id:wild-o-blue:20210405055845j:plain

これは撮影終えて戻ってきてからのカットですが、本当にのどかな場所でした。
藤岡市の古墳巡りの際にはおススメなお宿でした。

三重県総合博物館

f:id:wild-o-blue:20210408213405j:plain

三重総合博物館に行ってきた備忘を。津駅から歩くと20分位でしょうか。普通はバスに乗るんだと思いますが一応ランナーなんで移動は自分の足でまず考えてしまいます(笑)。予備知識なく歴博じゃないけど少しは考古学ジャンルもあるだろうと軽く立ち寄ってきました。

感想は、う~ん、もっと出来ることはあるんじゃないかと。。。
建物は大きくて立派で入館前はめちゃめちゃ期待したんですが、展示がなんというか、本当に「展示」。

貴重な化石は化石としてもっと化石の周辺の情報で伝えるべきことがあるんような。

f:id:wild-o-blue:20210408213424j:plain


f:id:wild-o-blue:20210408213408j:plain

三重ならではジャンルが豊富にあるんですが、素材を活かせてないというか、自然科学か社会科学かの追求の方向性に揺らぎがあるのかな?
とにかく展示を観ていて物足りなさが残ります。

f:id:wild-o-blue:20210408213412j:plain

f:id:wild-o-blue:20210408213417j:plain

f:id:wild-o-blue:20210408213421j:plain

自分が「おっ!」と思った1つがこれ。
辰砂の鉱石。これ考古学では古墳の埋葬施設で使われるものですが現物を見ることがなかなか無く、写真を撮ってしまいました。

f:id:wild-o-blue:20210408213430j:plain

訪問後に博物館設立の経緯を確認してみると三重県知事が替わるごとに方針が変更され、博物館建設までの紆余曲折が大変だったそうです。ハコモノにしないと言いながらも、方針が揺れ動くとなかなか難しいですね。

っといろんな想いが巡る三重県総合博物館訪問でした。

2021年3月の走行距離

248.5km
何とか200kmUPはできました。
スピード練習はおりこめていないので距離を稼いだまでと言えばそれまでですが、それでも刺激は入れ続けられたかなと思います。
こういう刺激が入らないジョグは、考え事には良いです。
仕事を終えて、河川敷へ向かい暗い中ライトつけて上流に向けて走ってその日の目標距離を目安に折り返すという時間は、ライト付けてないランナーの対向に注意する以外は暇といえば暇。

こういう時間に頭で考えているのは仕事のキーワード。
営業なので応酬話法を頭の中で複数人分の役をシミュレーションしてたりと暇を一応有意義に(笑)、使って身体と頭を使ってます。

ポイント練習入れるとそんな訳にはいかないですが、ジョグ程度だと頭の回転が良くなるらしいですね。自分はよく分からないですが、もしそうであるなら暇な時間ができることが要因じゃないかと。

今のところはまだ目標は無い状態なので4月も距離目標200kmだけ設定して臨みたいと思います。

ETV特集 ヤマト王権~いま前方後円墳が語り出す~

3月27日(土)のETV特集では前方後円墳がタップリと登場する企画がありました。特に箸墓古墳を中心とした内容で60分タップリと堪能できました。古代史ファンの方でご覧になってない方はぜひ再放送などチェックいただければと思います。

なかなか時期として難しかったのはIntcal20影響範囲をどう言及するか?番組内では冒頭で一瞬登場するものの年代の考察へは踏み込むことない内容でした。

その替わり?に、レーザー探査による非破壊調査による測量の話題が登場します。そしてミューオンによる調査の話題に。

ミューオン探査に関しては1年前に話題にしてましたが、今回の番組はこの成果がトリガーなんだんろうなという気がしました。またミューオン探査の機材を保護しているシーンが出て来たのですが、なんとかつて桜井茶臼山古墳散策で橿考研の謎の箱を見つけて何なのかわからなかった件がわかりました。

f:id:wild-o-blue:20210328201951j:plain

これとそっくりなものが番組上登場し、ミューオン探査の機材を保護していたのです。ということは別の古墳でもミューオン探査を継続している?
今後の発表が楽しみになりました。

今回の企画は年代の追求という点は強調されず、しかし邪馬台国卑弥呼との話題が多めだったかなという気がします。
それでも大好きな箸墓古墳の映像がタップリ流れ見ごたえある内容でした。過去には地元でもないのに、フォトコンテストに応募している位、想い入れある古墳なので。

あとは、撮影にドローンがかなり使われている点ですかね。
立入禁止の古墳なので真上を飛ばすハードルは高いとして、周辺からの撮影で画的に十分なら、自分も撮影トライの準備をしてみようかなという気になりました。

葛西ナイトマラソン中止、金沢マラソン開催決定

例年だと4月16日(金)に行われるであろう葛西臨海公園で行われるナイトマラソンの中止発表がでていました。この大会夜開催で観客もほぼいなくて、開催の可能性あるかなと思ってましたが中止に。。。

このマラソンの全盛期は、春、夏、秋と年に3回開催されていて、参加賞のTシャツのデザインが同じで色だけ違うので似たようなシャツが箪笥にめちゃめちゃストックされていました。開催となれば、東京で向かおうと思っていたのですけれど残念です。

秋が今のところ10月8日と決定していて、この頃なら大会は開催出来ているだろうと思いますが、仕事と重なっていることが多い日にちなのでどうなることか。もし開催となれば、駆けつけたいです。

春はともかく今年の秋のマラソンのスケジュールが徐々に見えてきました。
金沢マラソンが10月31日と決定。
富山マラソンが翌週の11月7日。
自分としては本命レースをつくばマラソンにしたい気持ちがありおそらく開催は11月21日になるはず。翌週になると調整が難しいけど21日なら金沢マラソンから3週間後と本番レースを練習としても使えるので理想的かなと。

だけど2年振りのマラソンなら、逆にとんでもなく過酷な方が良いかなとも思え、それなら奈良マラソンを5年振りに走るのもアリかなと思ってしまったり。

まだまだ先のようで目標が見えてくると、漫然と走っている今の状態から目標を据えた練習にリセットできるので早めに目標決めてしまって、しっかり練習していきたいと思います。

 

モザンビークのチャイルド支援決定

プランインターナショナル・ジャパンさんへモザンビークの支援をお願いしていた手続きが完了しました。現在9歳の女の子を支援することになりました。細かなお願いした訳ではないですが二男と同じ年齢です。

この子は直近1年の間に病気にかかって今現在完全に回復していないということ。学校へ行くには片道2時間以上かかるし、家の井戸の水くみにも2時間程かかるということです。ご両親は別の地域に住んでいるというのが理由はよくわかりませんが、おばと暮らしているらしいです。言語がマクア語ということで調べてみると、マラウィ湖からは離れて、どちらかというとインド洋に近い場所の模様。

これでマラウィの男の子とあわせて2人のチャイルド支援となりました。マラウィ湖への恩返しと考えると、あとはタンザニアのチャイルド支援ができればグルっと湖岸を囲むことになりますが、継続できる範囲で寄付していければと思っています。

コロナ禍にあり、お客様とも会社の同僚との会食も全くなくなりましたし、マラソンの遠征もなくなりました。シューズもストックまだまだあって新規購入は無さそうだし、競馬もすっかりやらなくなったし。そう考えるとまだまだ寄付できそうにも思えますが一旦このくらいで。

そうそう、完全に備忘となりますが久しぶりに上京した際、新幹線降りて東京駅の構内歩いていらご年配の女性に呼び止められ、道を訪ねられるのかな?と思って話を聞くと、お金がなくて何も食べてなくて故郷にも戻れなくて、と話し出すのでお金を渡したんですね。お礼言われて連絡先聞かれて名刺渡したんですが、全くその後連絡ありませんでした。このお金も寄付へ回せば、良かったなと騙されてから気づきました。