Slow Life Slow Fish

サブ3.5ランナーのマラソン記録、古墳巡りの備忘が中心で、ドローンがたまに登場します

伊勢塚古墳(群馬県藤岡市)

七輿山古墳から歩いて5分程で伊勢塚古墳に到着します。以前あった最寄りのコンビニは閉店し周囲の様子は少し変わりましたが、伊勢塚古墳はそのままでした(国指定史跡だから当たり前だけど)。

f:id:wild-o-blue:20210425082621j:plain

この古墳の特徴は八角形墳であることです(ただ最近八角形墳をより整理された見解が出てきているのでこの点は別に後述します)。

f:id:wild-o-blue:20210425082813j:plain

石室内に入ることができます。

f:id:wild-o-blue:20210425082903j:plain

伊勢塚古墳の特徴の1つが、模様積みと言われる石室です。築造時期は6世紀末と言われ、古墳時代がもう終わろうかという頃です。技術的には構造的にこんなに装飾を施す古墳が現れて来たんですね。
小さな石を模様考えて積み、巨大な天井石を最後に乗せる訳ですからかなりの技術力が必要だったでしょう。石室は少し丸みを帯びた胴張形と言われるものです。別の古墳に脱線しますが胴張形の古墳としては多摩の稲荷塚古墳があります。八角形墳であること、胴張形であることから、多摩の稲荷塚古墳との共通項が結構多いのでは無いかな?と以前は思っていましたが、今回久しぶりに伊勢塚古墳を改めて見てみて違うなぁという印象でした。工人の技術としては別系なんだろうなと。

f:id:wild-o-blue:20210425084218j:plain

f:id:wild-o-blue:20210425084235j:plain

今回は、七輿山古墳の空撮のかたわら、伊勢塚古墳も上空から撮影してみました。こちらは今回撮影許可を申請してないので、古墳の真上は飛ばせないことから、上空140mからギリギリ敷地外にて。

f:id:wild-o-blue:20210425084809j:plain

上空から見てみると、八角形墳と言いつつも、方墳の角がカットされて八角になっているように見えます。藤岡市さんのサイトでは、不正八角形墳と表現されています。