Slow Life Slow Fish

サブ3.5ランナーのマラソン記録、古墳巡りの備忘が中心で、ドローンがたまに登場します

宝浪漫マラソン2018反省(回顧)兼30km秋3本目

秋晴れの中、宝浪漫マラソン走ってきました。やはり大会となると練習の30kmとは違って翌日にもダメージが結構残っています。今回は弟が初めて走るということで夜実家へ集まり感想聞きながら呑んでました。このマラソンが初マラソンで嫌にならなければいいけど(笑)。
自分のレース結果は、

f:id:wild-o-blue:20180924080545j:plain

目標の2時間30分ちょっとなんてのはとても無理でした。平均サブ4ペースという結果。あと24kmあたりまでは距離表示がガーミンと一致していたのに25、26kmが辺りが200m足りずその後はその誤差がつまらないままにゴール。
30km走も兼ねていたので距離が足らずゴールしても少し走ろうって距離合わせようとしたんですが、混雑してて無理(苦笑)。ちょっと足らないけど30km走秋3本目としてカウントしておきます。

振り返りは標高ベースに各データを乗っけました。
シューズはターサージール5を選択しました。

高度×ペース

f:id:wild-o-blue:20180924081523j:plain

スタートは走力順のプラカードに沿って並ぶスタイルでABC・・・の区分は無し。友人たちと会話したり写真撮影頼まれたりしている内に整列遅れ最後尾近くに並ぶことに。なので最初の入りが5分41秒/kmと出遅れ、すり抜けながら前に移動、3km辺りで会社のエースランナーに遭遇。自重していくということなので突っ込みたい自分は先に行かせてもらいました。
その後はいよいよ山岳コースに入っていく訳ですが、予定していた6分20秒/kmなんてのはとても無理で、8kmのLAPは7分23秒/km!ここが最も遅かった。
折り返してからの下りが唯一のスライド区間。何人かエールを交わすも弟は見ずけられず(後から聞くと向こうは見つけたそうです)。
折り返しからは巡航速度4分50秒/kmで最後まで、っと絵に描いていましたが、降りてからも細かなアップダウンがあってペースの維持が辛かったです。19km以降はペースを30秒ほど落として維持と思うも、キロ6を見ないことに精一杯な状態に。下りのダメージは無いと思って走っていたんですが、蓄積していたようです。
さらに追い打ちをかけたのが靴ずれ!
左足踵が痛くて痛くて。。。
走り終わってソックス脱ぐと2cm四方くらいベロりと皮がむけておりました。
この痛みに悩まされた区間が21km~23kmあたりだったかと。
何とか着地の具合を調整してロスを最小限にしながら走りましたけど、原因は下りでつま先寄りに足が移動して踵側に隙間ができたんじゃないかなと。ということでターサージールが原因ではないと思ってます。
それでも抜かれるよりは抜く数の方が多く、皆さんゾンビになっていました。
ラストの砂浜は消耗しました。
硬いので走れるけど反発力を吸われる感じで足どりはどんどん重くなりました。踵の痛みを上手くズラしてペース上げられそうな感じもあったんですが砂山恐るべし!

高度×心拍数 ave155/max176

f:id:wild-o-blue:20180924113204j:plain

心拍数を振り返ると後半は暑さからもダメージ受けてるなと見えます。20km以降ペース落ちてるのに160前後なので。本番は同じ心拍数でラップは1分UPが目標値。
最高気温27度の日だったので、12時頃だと25度はあったんでしょう。

高度×ピッチ ave179/max201

f:id:wild-o-blue:20180924113828j:plain

ピッチは184~186辺り維持したかったですが、平均179と180を割ってしまいました。今回はまあいいかなと。

アクアラインラソン前の良いトレーニングになりました。アクアラインが壁のようだと言っても宝浪漫に比べればはるかに平坦!そんな風にメンタル面も鍛えらた大会でした。